新型肺炎警告の医師が死去 中国SNSに渦巻く怒りの声「我々に言論の自由を」

新型肺炎警告の医師が死去 中国SNSに渦巻く怒りの声「我々に言論の自由を」
新型肺炎の感染が拡大する中国武漢市では2月6日夜、12月末にSNS上で警鐘を鳴らした医師の1人、眼科医の李文亮氏(34)が亡くなった(李文亮医師の微博より)

昨年12月末、SNS上で新型コロナウイルスの発生に警鐘を鳴らし、当局に処分された医師の1人、武漢市の眼科医・李文亮氏が2月6日夜、新型肺炎で死去した。34歳。



李氏は昨年12月30日、SNS上で市内に重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生した可能性があると注意を呼び掛けた。2日後、この情報を転載した7人の医師とともに警察当局から処分を受けた。その後、李医師は新型肺炎に感染した。



中国の世論は、李氏の死去に大きな関心を寄せた。微博では、7日早朝の午前4時にもかかわらず、「李文亮医師死去」と「李文亮死去」はトレンド1位と2位になった。閲覧総回数は6億回。



多くのネットユーザーは、「英雄、どうか安らかに眠ってください」と書き込み、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる当局の情報統制や情報隠ぺいに怒りをあらわにした。



世論の強い反発を受けて、中国当局はネット検閲を強めた。「李文亮医師死去」が微博のトレンド1位になってから、わずか15分で7位まで下がった。



また、ネットユーザーは「我們要言論自由」(われわれに言論の自由を)の話題を立ち上げた。李医師が死去して4時間後の7日早朝の午前1時までに202万回の閲覧があり、8000を超えるコメントがついた。



この話題はまもなく当局のネット規制当局に削除されたが、ユーザーらは少し文字を変えて「我們要求言論自由」(われわれは言論の自由を求める)の話題を新たに立ち上げ、当局の言論封鎖への不満が噴出した。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「新型肺炎警告の医師が死去 中国SNSに渦巻く怒りの声「我々に言論の自由を」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    善良かつ優秀な中国人の医師が米中に殺害されました。日本人の医師でも、ここまで優秀な医師はいませんし、彼ら日本人の医師にモラルも常識も何もありませんので。ほとんどアスペルガー、自閉症間違いないでしょう。

    0
この記事にコメントする

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月7日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。