どうして可能?オンデマンド移植 法輪功などが中国臓器ビジネスの調達先=人権団体報告

どうして可能?オンデマンド移植 法輪功などが中国臓器ビジネスの調達先=人権団体報告
人権団体は、このほどの調査報告で法輪功学習者とウイグル人が中国の臓器ビジネスのターゲットになっていると述べた。写真は2019年5月、米NYのパレードで臓器狩りの中止を求める法輪功学習者(戴兵/大紀元)

中国の臓器移植市場で調達されている臓器は、法輪功学習者やウイグル族といった良心の囚人からのものである可能性が高いと、人権団体が新たに報告した。



共産主義犠牲者記念基金(VCMF)3月12日の報告書によると、法輪功学習者やウイグル人らは拘留期間中、定期的な血液検査や健康診断を受ける。これは、移植手術までの待機時間をわずか数日にまで短縮するためであり、中国臓器移植ビジネスの「驚異的な成長」の証拠の1つと指摘した。



報告は、良心の囚人から臓器を摘出しているという見方のほかに、説明または仮説と矛盾する信頼度の高いデータが現れるまで、これを最も「妥当な見方とするべき」とした。



VCMFは、2000年以降の中国の臓器移植システムの急成長を示す、300以上の病院からの800以上の情報源をまとめた。このなかには、医療レポート、内部の演説原稿、中国共産党から病院への通達、指南書、ウェブサイト掲載情報などが含まれる。



報告書によると、中国は2000~04年にかけて、移植手術を行う病院の数が3倍以上に増えた。その結果、腎臓移植では510%、肝臓移植では1820%、心臓移植では1100%、肺移植では2450%の移植件数に増加した。



報告書によると、中国衛生部は当初、毎年、何万件もの手術を可能にする「豊富な提供臓器」は、市民の「自発的なドナー」と主張していた。しかし、実際の臓器提供希望者はごくわずかで、移植手術件数と臓器提供数は一致しないことが明らかになった。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ウイグル族 + 中国」のおすすめ記事

「ウイグル族 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウイグル族」のニュース

次に読みたい関連記事「ウイグル族」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月16日の中国記事

キーワード一覧

  1. ウイグル族 中国

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。