「米軍持ち込んだ」と中国側主張 米専門家「反米で市民の不満解消狙う」

「米軍持ち込んだ」と中国側主張 米専門家「反米で市民の不満解消狙う」
北京の紫禁城を背景に写真を撮る女性(GettyImages)

中国政府の高官が、パンデミックの爆心地となった武漢に米軍が中共ウイルス(新型コロナウイルスとも呼ぶ)を持ち込んだ可能性があると示唆したことを受け、米国務省は3月13日、駐米中国大使を国務省に召喚した。



この召喚は、中国外務省の趙立堅副報道局長がツイッター (中国ではアクセス不能) への一連の投稿で、米国がこのウイルスについて何を知っているのかを明らかにしていないと非難し、流行が米国で発生したという根拠のない陰謀説を主張したことを受けて行われた。



「ゼロ号患者が米国で確認されたのはいつ?感染者数は?病院の名前は?」と趙氏は中国語と英語の両方で書いた。



さらに同氏は、「武漢にウイルスを持ち込んだのは米軍かもしれない」とツイートした。



「事実を公表しろ!データを公開しろ!米国は私たちに説明する義務がある」と付け加えた。



ロイター通信は匿名の米国務省官僚の話として、米国務省のデービッド・スティルウェル次官補(東アジア・太平洋担当)が中国の崔天凱駐米大使を国務省に呼び、「厳しいメッセージ」を伝えたと報じた。同官僚は、崔氏は「非常に防御的」で、中国は「世界的な大流行を引き起こしながら世界に隠蔽した」責任についての批判を避けようとしていると指摘した。



また、同官僚はロイター通信に対し、「陰謀説を広めるのは危険でばかげています。中国の人々と世界のためにも、これを容認しないということを中国政府に知らせました」と語った。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「米軍持ち込んだ」と中国側主張 米専門家「反米で市民の不満解消狙う」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    米中共に国民の矛先を逸らす先がないと危険だからなぁ。特に中国なんぞ常に仮想敵作って自国が正義だと喧伝せにゃならんから

    0
この記事にコメントする

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月17日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。