ドイツ感染者最多のNRW州、一帯一路の欧州入り口 州都は武漢と姉妹都市 

ドイツ感染者最多のNRW州、一帯一路の欧州入り口 州都は武漢と姉妹都市 
中国とヨーロッパ間の鉄道の重要なハブとして、一帯一路のヨーロッパへの入り口となるデュイスブルク港(GettyImages)

現在、ドイツの中共肺炎(武漢肺炎とも呼ぶ)の感染者は6200人以上に上り、そのうち最も深刻な影響を受けているのは ノルトライン・ベストファーレン(NRW)州だ。感染者数はドイツの合計の3分の1を超える。



NRW州政府は中国共産党との関係を深め、州政府には共産主義者が多い。中国共産党は、2015年にNRW州の州都デュッセルドルフに総領事館を設立した。一帯一路プロジェクトに署名した最初のドイツの都市でもある。また、武漢市とは姉妹都市を結んでいる。デュッセルドルフには現在610の中国資金企業がある。



NRW州には、華為技術(ファーウェイ)、中興通訊(ZTE)など中国の主要企業の欧州本部がある。一帯一路関連セミナーが相次いで開催されているのもNRW州だ。中国領事館のウェブサイトによると、2015年には2700社を超えるNRW州の企業が中国に駐在事務所を構えた。総投資額はドイツ対中投資の4分の1を占める。



一帯一路との関係で最も問題視されたのは、NRW州にあるデュイスブルク港へのアクセスだ。デュイスブルク港は欧州最大の内陸港であり、720キロメートルの内陸航路には120の小さな港を構え、北海、バルト海、大西洋、地中海、黒海に直接アクセスできる。デュイスブルク港は、中国とヨーロッパ間の鉄道の重要なハブとして、一帯一路のヨーロッパへの入り口となる。



2018年の中国共産党の公式ウェブサイトの統計によると、デュイスブルク港と中国の10以上の都市の間で、重慶からデュイスブルク港まで毎週約35~40便の列車が運行している 。2019年11月、NRW州のデュイスブルクで、中国鉄道コンテナ輸送社の欧州物流支社が設立され、一帯一路プロジェクトにおけるNRW州の優位性がさらに高まった。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「一帯一路 + 日本」のおすすめ記事

「一帯一路 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日の中国記事

キーワード一覧

  1. 一帯一路 日本

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。