<中共肺炎>英プレミアリーグ、全試合を中断「1兆円以上の損失」か

<中共肺炎>英プレミアリーグ、全試合を中断「1兆円以上の損失」か
英プロサッカー・サッカークラブのアーセナルのホーム・スタジアムであるエミレーツ・スタジアム(Photo by Dan Kitwood/Getty Images)

中国で発生した中共肺炎(COVID-19)の影響は世界のスポーツ界にも及んでいる。3月12日、イングランドのプロサッカークラブ、アーセナルのミケル・アルテタ監督とチェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイが、中共肺炎に感染したと確認された。同日、エヴァートン、ワトフォードなど各クラブは、中共ウイルスに感染した疑いのある選手がいると発表した。



この事態を受けて、プレミアリーグは3月13日、4月3日まで全試合を中止すると発表した。3月20日になってリーグ戦の中止期間を4月30日まで延長すると決めた。



英紙タイムズやサンなど複数のメディアによると、全試合の中断でプレミアリーグは莫大な損失を被る。海外および英国内テレビ放映権料の違約金が7億5000万ポンド(約962億円)が発生するほか、試合当日の収益や欧州・英国内カップ戦の賞金など2億ポンド(約256億円)以上の収入も見込めなくなる。さらに、株式市場に上場するプレミアリーグの20のサッカークラブの株価が急落したため、損失総額が90億ポンド(約1兆1547億円)にのぼる可能性がある。



巨大な中国市場に接近したイングランド・プレミアリーグ



イングランド・プレミアリーグは世界最高峰のリーグの1つで、世界各国で10億人以上の視聴者がいる。中国では約1億7000万人のファンがいる。近年、中国当局はスポーツ関連産業の振興に力を入れている。プレミアリーグと一部のサッカークラブは、巨大な中国市場に着目し、中国当局や政府系メディアなどに接近し、中国に事業進出を始めた。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月20日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。