グーグル、中国撤退表明から10年 その後どう変わったか

世界的大手1位の検索エンジン「グーグル」は10年前、中国政府のネット検閲などを理由に、中国市場からの撤退を発表した。 しかし近年、グーグルは中国との協力関係を再開する兆しを見せている。特に中止されたという中国検閲機能付きの検索エンジン「ドラゴンフライ」を開発しているとのニュースは人々に衝撃を与えた。



グーグルの10年前の撤退は、中国当局の検閲に反発したという点で、世界的に評価された。 しかし、中国当局の検閲要求を受け入れた開発計画「ドラゴンフライ」が明らかになった。この計画は、メディアの暴露により8カ月間も保留されている。



グーグルの国際関係部門のトップを務めていたロス・ラジュネス(Ross LaJeunesse)氏は2020年1月、動画共有サービス、ユーチューブ(YouTube)で、「グーグルは10年でどのように変わったのか」を説明する動画を投稿した。



「利益は人間やポリシーよりも大事な存在になってしまった。経営陣は10年前の撤退後からすぐ中国への復帰に向けて動き出した。」とラジュネス氏は述べた。



ジェネス氏は、人権問題を抱える中国やサウジアラビアと協力を続けるグーグルに怒りを感じ、2019年5月に辞任した。今、メイン州から2020年11月の上院選挙で民主党から立候補している。



米有力シンクタンクで戦略国際問題研究所(CSIS)のジェームズ・アンドリュー・ルイス(James Andrew Lewis)副代表は、近年の中国に対するグーグルの態度の変化は、明確な利益追求が動力になっていると語った。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「中国政府」に関する記事

「中国政府」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「中国政府」の記事

次に読みたい「中国政府」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク