コロナ禍で中国の軍事的挑発は深刻化 尖閣、台湾、南シナ海に拡大

コロナ禍で中国の軍事的挑発は深刻化 尖閣、台湾、南シナ海に拡大
4月23日、台湾国防部が公開した、台湾周辺海域を航行した中国人民解放軍の空母「遼寧」(国防部)

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の流行が拡大するなか、中国は日本の尖閣諸島、台湾、そして南シナ海での軍事的挑発を活発化させている。中国共産党による香港、台湾に対する政治および経済の抑圧政策は失敗しているため、軍事的挑発は来期にはさらにエスカレートする可能性が高いと専門家は警告している。



2月以降、中国人民解放軍の軍用機や軍艦は、台湾との中間線を越えたり、台湾の防空識別圏に夜間飛行訓練で接近したりするなどしている。また、台湾周辺での演習も頻繁に行い、空母「遼寧」艦隊の軍事演習は宮古海峡を通過し、4月25日まで南シナ海で軍事演習を行った。



日本周辺での軍事的な挑発も増している。防衛省や海上保安庁によると、1~3月の中国公船による尖閣諸島周辺の接続水域内への進入は289隻と、前年同期比で57%増えた。中国機に対する航空自衛隊の戦闘機の緊急発進(スクランブル)回数も、同期間で152回に上る。



河野防衛相は24日の記者会見で、世界各国が協調して新型コロナウイルス肺炎(中共ウイルス)に対応しているなか、「軍事的な拡大を図るのは一層許されない」として中国を厳しく批判した。



台湾国防省の報道官である史俊文少将は24日の記者会見で、台湾周辺の状況は深刻だが、軍部は手を抜いていないと強調した。



史少将は、中国人民解放軍の活動全体を監視するために合同の諜報監視および偵察システムを使用することに加えて、安全保障、監視、および防護任務として機能する8隻の海軍船を派遣したと発表した。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュース

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月28日の中国記事

キーワード一覧

  1. 尖閣諸島 中国

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。