亡命中の武漢ウイルス研究所の研究者との面会、バノン氏は明言せず

亡命中の武漢ウイルス研究所の研究者との面会、バノン氏は明言せず
米トランプ政権で首席戦略官を務めたスティーブ・バノン氏。写真撮影は2019年6月23日(王松林/大紀元)

大紀元メディアグループの衛星放送「新唐人テレビ」はこのほど、米トランプ政権で首席戦略官を務めたスティーブ・バノン氏に取材した。インターネット上では、バノン氏が海外へ亡命した中国・武漢ウイルス研究所の研究者と面会したとの情報が流れていることについて、バノン氏にコメントを求めた。



国際社会は現在、武漢ウイルス研究所のP4ラボについて関心を寄せている。ポンペオ米国務長官は5月3日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)が武漢ウイルス研究所から発生したとし、「かなりの証拠がある」と述べた。



米国に亡命した中国人富豪、郭文貴氏は、インターネット上で、武漢ウイルス研究所の科学者が大量の研究資料を持ち出し、海外へ亡命したと投稿した。亡命したのは中国のコウモリコロナウイルス研究の第一人者で、武漢ウイルス研究所副所長の石正麗氏ではないかとの憶測が飛び交った。しかし、石正麗氏は中国政府系メディアを通して、海外への亡命を否定した。



郭文貴氏は5月2日、YouTubeに動画を投稿し、海外へ亡命したのは石正麗氏ではないと述べた。郭氏は、亡命したのは「石正麗氏よりさらに重要で、ポストの高い人物だ」とし、多くの「機密文書を持ち出し、米国に来た」と話した。郭氏によれば、バノン氏はすでに同人物に接触した。



また、中国人時事評論家の路徳氏によれば、中国と米国の情報機関が郭文貴氏とバノン氏に対して、科学者の海外亡命についての情報公開を直ちに中止しなければ、命の危険があると警告した。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月6日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。