台湾の「台湾人」自認が過去最高 日本人85%は中国「好ましくない」世界最多=調査 

台湾の「台湾人」自認が過去最高 日本人85%は中国「好ましくない」世界最多=調査 
2019年5月から10月にかけて行われた世論調査によると、台湾の対米感情が向上した。日本人の85%が、中国を「好ましくない」で世界最多だった。写真は、サッカーの国際試合を観戦する男の子、参考写真(Getty Images)

米世論調査大手ピュー・リサーチ・センターは5月12日、台湾で初めて行われた世論調査結果を発表した。それによると、蔡英文政権下の台湾において、米国と中国に対する考えでは、米国を肯定的に捉える動きが高まってる。台湾と米国の経済関係の緊密化については「支持する」が85%と高く、「支持しない」は11%にとどまった。 政治的に緊密な関係を築く上でも、80%が米国との関係強化を支持している。



いっぽう、共産党政権の中国との関係では、36%が緊密化を「支持する」としたが、60%が「支持しない」と答えた。



調査は、2020年2月の総統選挙を控えた2019年10月16日から11月30日にかけて台湾で実施したもので、回答者は成人の1562人。



調査によると、政治的な所属に関わらず、回答者の68%が台米関係の強化を望んでいる。政権与党・民進党の支持者の大多数は、 米国との政治・経済関係の緊密化を支持していた。民進党支持者の中には、中国との関係強化を望む人は非常に少なかった。



いっぽう、親中派である国民党の支持者の多くは、米国および中国の双方との政治・経済関係の接近を支持し、両岸関係を肯定的に見ていた。調査では、台湾人か中国人かをめぐる自認についても質問している。回答者の68%が「台湾人のみ」、28%が「台湾人と中国人の両方」、4%だけが「中国人のみ」と答えた。



台湾人や中国人に関する自認の質問では、民進党支持者および18~29歳の若年層が、「台湾人」と答えた人の割合はそれぞれ92%、83%と非常に高かった。「台湾人」と回答した人のうち、中国本土を好ましいと考える人は23%だった。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「台湾の「台湾人」自認が過去最高 日本人85%は中国「好ましくない」世界最多=調査 」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    中国という国に好意的なのはただの阿呆だろう。市場規模や資源とかの金銭、物資的な意味では魅力的だが反日教育をし民衆を扇動してる国を好意的に捉える事は普通できん。個人に関して別なのはどこの国も一緒だ

    0
この記事にコメントする

「蔡英文 + 日本」のおすすめ記事

「蔡英文 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「蔡英文 + twitter」のおすすめ記事

「蔡英文 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「蔡英文 + 結婚」のおすすめ記事

「蔡英文 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月15日の中国記事

キーワード一覧

  1. 蔡英文 twitter
  2. 蔡英文 日本
  3. 蔡英文 結婚

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。