英政府、ファーウェイを5Gから完全排除へ=報道

英政府は、2023年までに中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を英国の第5世代移動通信システム(5G)から完全に排除する計画があると示した。同国のガーディアン紙が24日、報じた。



英政府は今年1月、国内5G網整備について、ファーウェイの関与を35%にすると決定していた。しかし、英政界や世論は現在、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)をめぐって情報を隠ぺいした中国当局への不満が高まっている。また、同盟国である米政府がファーウェイへの制裁を強化したことで、英政府は当初の方針を転換した。



ガーディアン紙は、情報筋の話として、ジョンソン政権は今後3年間以内に、ファーウェイの5G網への関与の量を徐々に減らし、2023年にゼロにする計画を立てていると伝えた。



英政府の報道官は同紙に対して、「米政府がファーウェイに対する追加制裁を発表したのを受けて、英国家サイバーセキュリティ・センター(NCSC)が、ファーウェイが英通信ネットワークに与える可能性のある脅威を慎重に見直している」と発言した。NCSCは5月24日、サイバーセキュリティ対策の緊急見直し会議を行ったという。



NCSCは、英情報機関である政府通信本部(GCHQ)の傘下機関だ。



米商務省は2019年5月、半導体などの米製品のファーウェイへの輸出を禁じる制裁を実施した。また、商務省は5月15日、外国で製造した半導体でも米国の技術を使っていれば、ファーウェイに輸出する際、同省に輸出許可の申請を要求する新規定を発表した。事実上の制裁強化となった。



(翻訳編集・張哲)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「政治」に関する記事

「政治」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「政治」の記事

次に読みたい「政治」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク