<中共ウイルス>中国専門家「発生源は武漢の市場ではない」 1月の発言を反故

<中共ウイルス>中国専門家「発生源は武漢の市場ではない」 1月の発言を反故
中国国家疾病予防管理センターの高福主任(大紀元資料室)
       

中国疾病予防管理センターのトップ、高福主任はこのほど、メディアの取材に対して、武漢市華南海鮮市場は中共ウイルス(新型コロナウイルス)の発生源ではないと発言した。しかし、4カ月前の記者会見で、高主任は、同市場で販売されている野生動物から中共ウイルスを見つけたと明言した。中国人ネットユーザーは、1月の発言を覆した同氏を非難した。



高福氏は5月25日、官製メディア「鳳凰衛視(フェニックスTV)」のインタビューを受けた。この際、同氏は、1月上旬に国家の調査チームとともに武漢市に入り、華南海鮮市場で動物サンプルと下水道の廃水サンプルを集めたと明かした。動物サンプルからは中共ウイルスを検出できず、廃水からウイルスを発見したと述べた。



1月22日、同氏は国務院新聞弁公室が開いた記者会見で、「新型コロナウイルスの発生源は、武漢市の海鮮市場で違法に取引されている野生動物だ」と話した。



<中共ウイルス>中国専門家「発生源は武漢の市場ではない」 ...の画像はこちら >>

1月に中共ウイルスの発生源は武漢市の海鮮市場であると述べた高福主任は5月25日、発生源は市場ではないと発言(スクリーンショット)

国営新華社通信は1月26日、「中国疾病予防管理センターは、新型コロナウイルスの発生源研究において一定の成果を得た。(同センターは)武漢市華南海鮮市場で収集した585件の環境サンプルの中、33件のサンプルから新型コロナウイルスの核酸を初めて検出した。同時に、陽性環境サンプルからウイルスを分離することに成功した。同ウイルスの感染源は華南海鮮市場で取引されている野生動物だと示された」と報じた。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。