重慶市「史上最大規模の洪水」を警告 三峡ダムは警戒水位2m超

重慶市「史上最大規模の洪水」を警告 三峡ダムは警戒水位2m超
重慶市水文監測総站は6月22日、1940年以来初めて「洪水紅色警報」を発令した(スクリーンショット)

中国四川省重慶市の水利当局は6月22日午前11時50分、危険度の最も高い「洪水紅色警報」を出した。市は豪雨や長江水系の河川である綦江(きこう)の上流側での急激な増水により、重慶市の綦江の部分で、今後8時間以内に「史上最大規模の洪水」に見舞われると警告した。



中国メディアによると、1940年に設置された重慶市水文監測総站が「洪水紅色警報」を発令したのは、開設以来初めてのことだ。市内江津区にある綦江の五岔站の水位は、警戒線より5.7メートルから6.3メートル上回ると予測した。市民4万人が避難したという。



また、同市南川区気象局は6月22日早朝3時50分、大雨警報にあたる「暴雨橙色予警」を発令した。同日午前8時までに、南川区の雨量が129.6mmに達し、冠水が発生したという。集中豪雨の影響で、重慶市の南万高速道路(南川区から万盛区)の一部が崩壊した。



中国水利部(省)の最新発表では、全国各地の198本の河川の水位が警戒線を超え、洪水が発生した。



一方、中国国営中央テレビと中国紙・北京青年報は21日、湖北省宜昌市の三峡ダムの水位が引き続き上昇していると報道した。長江上流での豪雨の影響で、21日までに、同ダムの水位が147メートル上昇した。



三峡ダムを運営する三峡集団によれば、ダムの洪水防止最高警戒水位は144.99メートル。現状では、警戒水位を2メートル以上超えた。



中国中央気象台によると22日、22日から25日にかけて、長江中下流の地域では引き続き大雨になると予想される。



(翻訳編集・張哲)

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「重慶市「史上最大規模の洪水」を警告 三峡ダムは警戒水位2m超」の みんなの反応 4
  • 黒樹多朗 通報

    ダムが決壊したら、全ての矛盾が洗い流せるだろう。

    4
  • 匿名さん 通報

    三峡ダムは早朝、内密に放流されているって動画を見たけど・・・下流域に住んでる人は洪水の上、放流の水で家が沈んでる。政府に家を壊される国って・・・本当に胸が痛い

    4
  • 匿名さん 通報

    三峡ダムは1000年もつ。無問題。

    3
  • 匿名さん 通報

    コロナウィルス発祥の証拠すら洗い流す魂胆ですね、キンペー。

    2
この記事にコメントする

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月23日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。