83トンの純金、金メッキを塗った銅だった ナスダック上場の中国企業が融資担保に使用

83トンの純金、金メッキを塗った銅だった ナスダック上場の中国企業が融資担保に使用
武漢の企業が所有すると主張していた金の延べ棒83トンは、金メッキを塗った偽物であることが分かった。近年来最大規模の金詐欺となった(Shutter Stock、参考写真)

中国最大級の金宝飾メーカーで米ナスダックの上場企業でもある金凰珠宝(Kingold Jewelry、湖北省武漢市)が、所有すると主張している83トンの純金は、金メッキを塗った銅だったことがわかった。ナスダックの同社市場価格は昨年同期比で80%近く下落した。



中国国内メディア・財新によると、金凰珠宝は2015年以降、金を担保に信託会社15社から総額200億元(約3000億円)の融資を受けた。国営の中国人民保険公司(PICC)の子会社が融資保険を提供した。



金の偽造問題が発覚したきっかけは、債権者の東莞信託や民生信托が担保である金の検査を行ったことだった。東莞信託は債権整理のために2月に同社を調査したところ、銅に金メッキを塗った偽の金があることを発見した。さらに、5月22日、民生信托が裁判所を通じて倉庫を調べたところ、金凰珠宝が召集する83トンすべての「純金の延べ棒」は、すべて金メッキが施された合成の銅(タングステン)であることがわかった。



金凰珠宝の賈志宏社長は前日まで調査を強く拒んでいたという。



香港メディアによると、中国人民財産保険会社・湖北支店のトップの劉方明共産党書記は7月2日までに辞任し、当局の調査を受けている。公式発表は出ていない。



中国国内メディアによると、中国人民財産保険会社・湖北支店は、金凰珠宝が所有すると謳う金地金を担保に金融商品を相次ぎ発行した。このため、債権が増加し、金凰珠宝の負債比率が大幅に上昇した。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。