インド政府、中国製アプリを追加して禁止 すでにダウンロード不能

インド政府、中国製アプリを追加して禁止 すでにダウンロード不能
男性が提示するスマートフォンの画面に映し出されたTikTokのロゴ、インドのデリーで撮影(GettyImages)
       

インド政府は6月末、ティックトック(TikTok)やウィーチャット(微信、WeChat)など、中国企業の作成したアプリ59本の使用や発表の禁止を決めた。インド国内報道によると、7月後半にも、政府は追加して中国アプリの禁止を決定したという。



インド紙ヒンドゥスタン・タイムズは7月24日付で、同国電子情報技術省が中国製モバイルアプリを追加して禁止することを決定したと報じた。「Hero Lite」「SHAREit Lite」「Bigo Lite」「VFY Lite」などが対象になるとみられる。インド当局者は同紙に対して現在、これらのアプリはGoogleやAppleのアプリストアから削除しているとした。



中印国境紛争の勃発を受け、インドの電子情報技術省は6月29日、インスタントメッセンジャーアプリ・ウィーチャット(微信、WeChat)や短編動画アプリ・ティックトック(TikTok)など59の中国アプリを禁止したと発表した。



7月26日のインドメディアによると、同日からWeChatにログインできなくなったという。画面には「インドの法律に基づき、現在WeChatのサービスは利用できず、今後のサービス復旧に向けて関係当局と連絡を取っている」と通知が表示される。



インド政府による中国アプリの禁止令について、民間企業は歓迎しているという。7月、ドイツ官製紙ドイチェ・ベレは現地住民の話として「TikTokのような中国アプリが消えてよかった」「インドの現地アプリを使えばいい」「インドの経済発展に役立つ」などの肯定的な意見が多いと伝えている。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。