中国政府企業、カナダ政府の保安検査設備を落札 調査へ

中国国有企業、同方威視(Nuctech、ニュークテック)社がカナダ政府のセキュリティ設備の入札に参加し、最低額ではないにも関わらず落札したことを受け、同政府は現在、落札の経緯について調査を進めている。



ニュークテック社は中国共産党の胡錦濤前総書記の息子によって設立された企業で、中国最大の保安検査機器メーカーでもある。



カナダ「ナショナル・ポスト」紙の8月12日付の記事によると、「7月、最低額を提示したニュークテック社が落札した」と報じられていたが、それが事実でないことが判明したという。



カナダのニュースサイト「グローバルニュース」7月15日の報道によると、「同社はカナダ政府から総額680万ドル(約7億円)の契約を受注した」という。同社が獲得した主要契約の内容には、X線スキャン装置、配送、設置、オペレーターのトレーニング、ソフトウエアなどが含まれ、世界中の170のカナダ大使館、領事館、上級雇用機関にセキュリティ設備を提供するものである。



カルガリーに本社があるセキュリティ企業KPrime Technologiesは540万ドルを提示していた。



ニュークテック社は以前にも規則違反していた



2014年、台湾桃園国際空港で使用されるX線検査装置の調達を担当していた台湾内務省・航警局の元職員、孫一鳴はニュークテック社の女性マネージャーにハニートラップを掛けられ、賄賂を受け取った上、低品質な装置を購入した。


当時の記事を読む

胡錦濤のプロフィールを見る
大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「胡錦濤」に関する記事

「胡錦濤」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「胡錦濤」の記事

次に読みたい「胡錦濤」の記事をもっと見る

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月17日の中国記事

キーワード一覧

  1. 胡錦濤 日本

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。