米民主党バイデン候補の選対本部長 世論調査の水増し認める

米民主党バイデン候補の選対本部長 世論調査の水増し認める
2020年9月29日、オハイオ州クリーブランドのケース・ウェスタン・リザーブ大学とクリーブランド・クリニックで行われた第一回の大統領候補討論会で対決する、ドナルド・トランプ大統領と民主党大統領候補のジョー・バイデン氏 (Jim Watson, Saul Loeb/AFP via Getty Images)
       

報道によると、民主党大統領候補ジョー・バイデン氏の選挙対策本部長、ジェン・オマリー・ディロン(Jen O’Malley Dillon)氏は、バイデン氏が圧倒的にリードしていると示す全国世論調査の数字が誇張されていることを認めた。



ディロン氏は16日の草の根運動のサミットで、「私たちは2桁もリードしていないという事実を受け入れる」と述べたという。「水増しされた全国世論調査の結果だ」と付け加えた。



このサミットの動画は削除されたが、彼女のコメントはニューヨーク・タイムズの記者、Shane Goldmacher氏によってTwitterに投稿された



バイデン陣営とトランプ陣営にコメントを求めたが、回答は得られなかった。



ディロン氏がバイデン氏のリードについて注意を促したのは今回だけではない。



報道によれば、彼女はFOXニュースが入手した3ページのメモの中で、トランプ氏は依然、11月の選挙で勝つ可能性があり、選挙戦はアリゾナ州やノースカロライナ州などでは「拮抗」していると述べた。



「選挙戦はTwitterやテレビで見られるような一部の専門家の意見よりもはるかに接戦だ」とディロン氏はメモに書いたという。「最も正確な世論調査でも間違っている可能性があり、選挙当日の投票率などの変数を考えると、多くの接戦州にでは基本的に互角」としている。



現在、全国世論調査では圧倒的にバイデン氏がトランプ氏に勝っていると報道されている。17日の時点で、世論調査サイト、RealClearPoliticsの平均は、バイデン氏が全国でトランプ氏を9%リードしている。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月20日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。