民主党大統領候補の中国疑惑 メール受取人にバイデン一家 ハンター氏の元取引先が明かす

民主党大統領候補の中国疑惑 メール受取人にバイデン一家 ハンター氏の元取引先が明かす
2013年12月5日、北京への公式訪問中に、胡同を訪れたジョー・バイデン前副大統領と、息子のハンター・バイデン氏(左)、孫娘のフィネガン・バイデン氏(右)(Andy Wong-Pool/Getty Images)
       

米ジョー・バイデン民主党大統領候補の一家をめぐる中国との不正ビジネス疑惑で、証言者が現れた。ニューヨーク・ポストが先週公開した、中国ビジネスに関する暴露メールに関して、ハンター・バイデン氏の元ビジネスパートナーは、メール受信者はバイデン氏や息子たちであることを明かした。メールには、すでに倒産した中国のエネルギー複合企業とバイデン家の合弁事業に関して、報酬パッケージと株式の配当の提案が詳細に記載されている。



メールの受信者リストには、トニー・ボブリンスキー(Tony Bobulinski)氏の名前とメールアドレスがある。ボブリンスキー氏は大紀元の取材に対して、問題のメールの中に記されている契約は、中国のエネルギー企業、中国華信能源(CEFC China Energy、以下華信)とバイデン家との合弁事業に関するものだと述べている。



ニューヨーク・ポストが掲載したメールには、ハンター・バイデン氏の側近数人の「報酬パッケージ」が詳しく記されている。中にはハンターの報酬「850」や、ジョー・バイデン前副大統領の弟のジェームズ・バイデン氏を指す「ジェームズ」の報酬「500,000」などと記されている。



メールには大統領候補含むバイデン一家が3人



ハンター氏のビジネスパートナーであるジェームズ・ギリアー(James Gilliar)氏が2017年5月13日に送信したメールには、「株式が以下の通り分配される暫定合意」が詳述されている。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。