米当局、中国共産党の作戦「キツネ狩り」関与の8人を起訴

米当局、中国共産党の作戦「キツネ狩り」関与の8人を起訴
米司法省と連邦捜査局は10月28日、中国共産党の作戦「キツネ狩り」関与の8人を起訴したと発表した(GettyImages)
       

米司法省と連邦捜査局(FBI)は10月28日、中国共産党の代理人として活動した8人を起訴したと発表した。うち5人を逮捕した。8人は、反体制的と見なされた在外中国人を本土に連行する中国共産党の作戦「キツネ狩り」に関与した疑いがある。



米当局は、中国共産党が違法に外国で法を執行して、米国民や中国系米国市民を監視して嫌がらせをしていると述べた。米国がキツネ狩り作戦の関係者を告発したのは初めて。



起訴状は、ブルックリンのニューヨーク東部地区の連邦地方裁判所で公開された。8人を違法な外国代理人として行動するために共謀した罪で、うち6人は国家間および国際的なストーカー行為と共謀罪でも起訴した。



米司法省のジョン・C・デマーズ国家安全保障担当次官補によると、8人のうち5人を28日に逮捕し、刑事告発を発表した。他の3人は中国に逃亡したとみられている。



デマーズ氏によると、中国政府はキツネ狩り作戦を国際的な反腐敗キャンペーンとして描いているが、多くの場合、ターゲットは反体制派が多いという。つまり、この作戦自体が、法の支配と国際的な規範に明らかに違反していると指摘した。



「訴追により、われわれは中国のキツネ狩り作戦の試みを覆した。狩りをする側がされる側となり、追う側が追われる側になった」「米国はこのような目に余る行為を米国内で容認することはない、という明確なメッセージだ」と述べた。



「中国は、刑事事件を支援するために米国当局に協力するのではなく、超法規的な手段や、無許可で、秘密裏に法執行を行っている」とデマーズ氏は述べた。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。