トランプ大統領が会見 開票不正は「米国の恥」 法的措置講じると強調

トランプ米大統領は11月5日、ホワイトハウスで記者会見し、大統領選の開票作業で不正が行われたことは「米国の恥だ」と述べた。不正行為があったとみられる州で訴訟を提起したことについて、「バイデン氏が勝つか、私が勝つかに関わる問題ではない」とし、選挙の公平性を守るためだと指摘した。



大統領は会見の冒頭で、「2020大統領選挙の公平性」を守らなければならないと強調した。



大統領は、「メディアや大企業から妨害があったにもかかわらず」「合法な投票によって、われわれはすでにフロリダ州、オハイオ州、インディアナ州などの重要州を勝ち取った」とした。



大統領によると、投票開始日の夜の時点では、激戦州で大統領陣営が数ポイントリードしていた。しかし、「民主党側は、われわれに勝つためには何票が必要なのかを知るために、待っていた」、このため、「突然、集計作業が中止された。その後、バイデン氏へ大量の投票が入った。優勢だったわれわれは劣勢となった」



大統領は、民主党が「選挙を操ろうとしている」と批判した。各地の住民や集計所の監視員が提供した情報では、監視員らは会場に入れず、集計を近距離で確認できないことが起きている。ペンシルベニア州では、監視員が地裁の令状を持っているにもかかわらず、集計所に入ることを許されなかった。また、デトロイト市の一部の集計所では、集計の様子が見えないように、窓に板や紙などが取り付けられた。



トランプ氏は、郵便投票は不正行為の元だと再び強調した。「郵便投票は過去最多で数千万枚に達した。これらの投票は有権者の身元や郵便の消印の日付を確認されることはなかった。多くの州で不審な郵便投票が見つかった」大統領は「郵便投票は腐敗した制度だ」「腐敗した人が、選挙を盗もうとしている」と非難した。


当時の記事を読む

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「トランプ大統領が会見 開票不正は「米国の恥」 法的措置講じると強調」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    コイツのやってる事の方が恥だな。日本の安倍といいテメー元凶でテメーが権力の座から追われる立場になった時犯罪とも呼べる行為で居座ろうとする様なヤツに国民の為の政治が出来るとは誰も思わない

    0
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月6日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。