「トランプ氏の票がバイデン氏に」米ミシガン州、複数の郡で問題ある集計ソフトを使用か

「トランプ氏の票がバイデン氏に」米ミシガン州、複数の郡で問題ある集計ソフトを使用か
2020年11月4日、米ミシガン州デトロイトでは、選挙スタッフはTCFセンターを使用して、集計作業を行っている(JEFF KOWALSKY/AFP via Getty Images)
       

ミシガン州の共和党は11月6日午後に記者会見を開き、同州では、集計ソフトの「不具合」で、大量の共和党の票が民主党にカウントされていたことを明らかにした。



記者会見で同州共和党のローラ・コックス(Laura Cox)議長は「アントリム郡(Antrim County)では、本来共和党に投じられた6000枚の票が民主党側にカウントされ、共和党の候補者に不利益をもたらした」と述べた。



集計ソフトの「不具合」に気づいたのはある女性選挙スタッフ。票を点検したところ、トランプ氏に投じた6000枚の票がバイデン候補に計上されていると分かった。



コックス議長は「ミシガン州の47の郡で同ソフトが使用されている」と述べた。



共和党全国委員会のロンナ・ ロムニー・マクダニエル(Ronna Romney McDaniel)委員長は当日にも、フォックス・ニュースに対し、「ミシガン州で重大な投票違反があった」と語った。



彼女は6日の記者会見で、「民主党員は開票作業の透明性を保つことを拒否している」と指摘した。



トランプ氏の選挙キャンペーンチーム「Trump War Room」もツイッターで、ミシガン州で発覚した問題ソフトの件について言及し、「同ソフトを使用しているほかの郡でも、集計結果に同様の問題がないか、注意深くチェックする必要がある」と指摘した。



共和党全国委員会のマクダニエル委員長は6日、「われわれは、ミシガン州のジョセリン・ベンソン(Jocelyn Benson)州務長官とグレッチェン・ホイットマー(Gretchen Whitmer)州知事が設定したこの集計システムを現時点では信頼していない」とツイートした。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「トランプ氏の票がバイデン氏に」米ミシガン州、複数の郡で問題ある集計ソフトを使用か」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    トランプや安倍の様に胡散臭い事しかやってないヤツらは真っ当な証拠を明確に提示させない限りその主張は自分だけに都合よい事だけの雑音

    4
  • 匿名さん 通報

    情弱さんの主張? サイ機薬 246蟲上州? ↓

    1
  • スティーブン・ヴァノン 通報

    この「大紀元」って、ネットで調べると、トランプが大絶賛してるフェイクニュースソースだそうだ。こんなの、一行読めば直ぐわかるけどね。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月7日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。