日本は護衛艦隊の近代化でミサイル防衛強化 イージス・アショア代替 

アナリスト等の発言によると、日本は自国領土への脅威の阻止力と防御機能を高めることを目的として、護衛艦隊の拡大・強化を図る構えである。



日本が発表した令和2年版防衛白書によると、監視と哨戒活動、対潜戦、対機雷戦に備えるため、「フリゲート艦(FF)」、「多用途(Multi)」、「機雷・掃海(Mine)」を表す「FFM」という艦首記号を持つ新型護衛艦を2032年までに合計22隻建造する計画が策定されている。



元はヘリ空母として建造されたいずも型護衛艦2隻は、F-35B 12機、ティルトローター機のV-22オスプレイ航空機8機、対潜戦ヘリコプターまたは捜索救助ヘリコプター8機の計28機の航空機発着が可能となるように改修されている。



現在、海上自衛隊はイージスシステム搭載ミサイル護衛艦8隻を運用しているが、最近、日本防衛省は弾道ミサイル防衛を基本的任務とする新型の「イージスシステム搭載艦」2隻を新しく建造する方針を明らかにした。 同防衛白書によると、新型護衛艦は北朝鮮や中国からの潜在的なミサイル攻撃を防止するための機能である。



日本が実効支配する尖閣諸島の領有権を主張する中国政府の船舶が、日本周辺水域、特に同諸島周辺を航行・侵入する回数が増加している。同防衛白書には、新型護衛艦といずも型護衛艦により、「我が国周辺において広域にわたり常時継続的な情報収集・警戒監視・偵察(ISR)活動(中略)を行う」ことが可能となると記されている。


当時の記事を読む

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月2日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。