知らず知らずのうちに好感度が下がってる? NGな話し方って?

百戦錬磨のかわいい笑顔、磨き上げたナイスバディを以ってしても、「話し方」がつたなければすべて台無し! とはいえ、「話し方のクセって一朝一夕でなおるものじゃないし、どうすれば好感度の高い話し方ができるの?」と疑問に思う女子も多いはず。キャリアコンサルタントの尾形圭子先生にお話を伺いました!

■20代女子が使いやすい!? NGフレーズ

「最近の20代女子からよく聞かれるのが『……みたいな』『……的には』といったフレーズ。これらは話す内容をやわらかいイメージにしようと付けられ始めたものですが、多用することでかえって“押しつけがましい”“自分の意見に自信がない”といった印象になってしまいます」

「みたいな」と「的には」。NGと分かっていても、気が付くと使ってしまうという人も多いのでは。

「この他、『○○さんがですね、お話しした時にですね』のように、文節ごとに『ですね』を入れるのも同じ。ビジネスシーンでは、あまり使用しないようにしましょう」

緊張しているときなど、ついつい使ってしまっているかも……。

それでは、好感度の高い話し方をするにはどうすれば良いのでしょう。尾形先生によれば、「3箇条」があるとのこと。それ、ぜひ教えてくださいっ!

■好感度を高める話し方3箇条

【第1条】「ん」「っ」が入った話し言葉は使用禁止!
「『……なんですが』、『ばっかり』、『さっき』などは、プライベートな場面で使う『話し言葉』。そのため、ビジネスシーンでの使用には向いていません」

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。