はじめて、手紙を書いた人も。「母の日」に感謝の気持ちを伝えた女性は約55%

今年の「母の日」は、大型連休の最終日。ゆっくりと親孝行ができた人も多いのではないでしょうか。働く女性を応援するWebサイト「escala cafe(エスカーラ・カフェ)」では、「母の日」について、Webアンケートによる調査を実施。今年の「母の日」に自身の母親へ感謝の気持ちを伝えたかたずねたところ、半数以上の、55.3%の女性が「伝えた」と回答しました。
その方法としては、「カーネーションと母が好きな和菓子をあげた(25歳/大阪府)」「フルコーディネートで、洋服と靴をプレゼント(28歳/神奈川県)」「前から食べてみたいと言っていたケーキを母のいる実家に送った(26歳/大阪府)」「最近腰痛がひどい母へ、いつもありがとうの言葉とともに、マッサージクッションをプレゼントした(24歳/千葉県)」など、プレゼントで感謝の気持ちを表した女性が多く、同時に、手紙やメール、電話、直接会ってとさまざまな方法で「感謝の言葉」も添えたようです。
合わせて、「母の日」にまつわるエピソードも教えてもらうと、「小学生のころにプレゼントした肩たたき券が十数年ぶりに出てきて母親にまだ有効か?と聞かれた(27歳/埼玉県)」「毎年ちがう花を贈っているので、一週間くらい前から母親がわくわくしていて微笑ましかった(26歳/愛知県)」といった心温まる体験談が続々と寄せられました。
また、今年は東日本大震災を経験した影響から、「毎年花などを贈っているが、今年は母から『そのお金を義援金に使って』と言われたので、GWにちょっとした手土産を持って帰省した(31歳/埼玉県)」という女性の姿も。そのほかにも「お花とスイーツのセットを贈り、母からお礼の電話をもらった。みんな元気で、こうしたやりとりのできることが幸せだと思った(28歳/東京都)」「実家暮らしなので、手紙を書いたことはなかったが、今年は感謝の気持ちを手紙につづった(24歳/神奈川県)」「GWは普段は離れて暮らしている家族が集まり、一緒に過ごした。家族とともに過ごす時間は楽しく、大切だと感じた(32歳/神奈川県)」と、家族の存在やともに過ごす時間の大切さを再確認する声が多数届きました。
今年の「母の日」は終わってしまいましたが、親孝行は思い立ったそのときにできます。忙しさにかまけて家族と過ごすひとときを後回しにしてきた人は今こそ、家族と過ごす時間を作ってみてはいかがでしょうか。【ライター/斎藤若菜】

『escala cafe』にて2011年5月にWebアンケート。有効回答数329件(escala cafe会員)。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビウーマンの記事をもっと見る 2011年5月12日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。