約6割の女性が今年の夏「旅行に行きたい」。手軽な「国内旅行」が人気の中心

JTBの発表によると、今年の夏に1泊以上の旅行へ出掛ける人は、国内・海外とも昨年より減少の見通しに。東日本大震災による旅行意欲の減退が原因と見られています。働く女子にうれしい情報サイト「escala cafe(エスカーラ・カフェ)」では、「夏の旅行」について、Webアンケートを実施。今年の夏、旅行に行く予定があるか尋ねたところ、「予定がある」と答えた女性は58.9%という結果になりました。昨年の夏に旅行へ行った女性は55.5%であることから、働く女性たちが旅行に積極的な様子がうかがえます。
旅行を予定している回答者を対象にその内容を調査すると、やはり中心は「国内旅行」で74.5%。「海外旅行」は18.1%で、「両方」という羨ましい回答も7.5%という結果に。一緒に行く相手は「恋人・夫」が34.0%、ついで「女友だち」が31.4%、父母や兄弟などの「家族」は23.4%で、「ひとり旅」が14.9%でした。
夏の旅行で楽しみにしていることを尋ねると、アクティブ派からは「山で汗を流したい!」「大勢で自然の中でのバーベキュー」「海で思いっきりマリンスポーツを楽しみたい」などのアウトドア体験や、「好きなアーティストのライブ」「青森ロックフェスティバルに行き、青空の下で音楽を存分に楽しむ」といった音楽三昧のひととき、「太宰治や宮沢賢治など文学関連の場所を楽しみたい」「東京で物語の題材となった場所を巡りたい」など文学作品にゆかりのある場所を訪ねたいという声や、「新しくなった梅田をぶらぶら」「大阪の新スポットを」など今年の春に新しくなった大阪駅近辺の散策、を挙げる女性が目立ちました。一方でのんびり過ごす派の女性からは、「温泉に入っておいしいものを食べてゆっくりする」「スパ、プールで泳ぐ、リラクゼーションと癒しを楽しみたい」「何もしない贅沢」といったくつろぎや癒しを求める声や、「恋人に会う」「遠距離でなかなか会えない彼とゆっくりしたい」といった回答が。
趣味を満喫するもよし、せわしない日常を忘れてリラックスするもよし。みなさんも、今から夏の旅行を計画してみませんか?
【ライター/斎藤若菜】

『escala cafe』にて2011年7月にWebアンケート。有効回答数319件、22歳-34歳までの働く女性(escala cafe会員)。

あわせて読みたい

マイナビウーマンの記事をもっと見る 2011年7月12日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら