不動産5,000万円を相続する際の税金っていくら払うの?「えっ税金0円?」

不動産5,000万円を相続する際の税金っていくら払うの?「えっ税金0円?」
不動産を実際に相続する際には相続税がかかります。日本は相続税が高い国といわれますが、実際にはどのような仕組みになっているのでしょうか。税理士さんに聞いてみました。

――不動産を相続する際の税金について知りたいのですが。

具体的な例で考えてみましょう。どんなケースを想定しますか?

――例えば、父親が死んで、遺産相続するのが母親(65歳)、長男(31歳)、次男(28歳)、不動産が建物土地で5,000万円とするとどうなるでしょうか。

■想定ケース
遺産相続人:母親(65歳)、長男(31歳)、次男(28歳)
遺産:土地建物(評価額):5,000万円

分かりました。話を簡単にするために「課税価格」(※)が5,000万円ということで考えましょう。

相続税には「基礎控除」というものがあります。税金の免除される金額が決められています。5,000万円と相続人一人につき1,000万円までです。

この場合は相続人が3人ですから、
5,000万円 + 1,000万円 × 3人 = 8,000万円

遺産総額が8,000万円以下であれば相続税はかかりません。つまり、このケースでは遺産が土地建物(評価額5,000万円)という設定ですので。税金はゼロで済みますね。

――えっ、税金なしで済むんですか。

はい(笑)。そういうことになりますね。ちなみに相続分は母親が50%ですので2,500万円、長男と次男で残りを折半になりますので、1,250万円ずつということになります。

あわせて読みたい

マイナビウーマンの記事をもっと見る 2013年5月29日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。