仕事上のお酒の付き合いで気をつけたいマナー「ワインは女性から男性に注ぐのはNG」



マナーにこだわり過ぎたり、『この機会に自分を売り込もう!』という下心満々な態度で臨んだりすると逆効果。チープな人間に見られてしまいます。

お酒が飲めなくても常にグラスを持って一緒に盛り上がるとか、話す相手がいなければお酌して回る、一人ポツンとしている人がいたら身近な話題を振ってみるなど、マナーというより機転が大切だと思います」

仕事上のお付き合いとはいえ、まず「自分が楽しもうという気持ちが大切」と西澤さん。状況に応じて機転をきかせながら笑顔で対応していれば、多少のミステイクはカバーされますよね。肩肘を張らず、まずはあなた自身がその場を楽しみましょう。

西澤史子
コミュニケーション・アドバイザー兼カリスマ婚活バイザー。お見合いパーティーを開催する「エクシオジャパン」では数多くの婚活企画をコンサルテーション。2012年11月に退社し、2013年1月に戦略的コミュニケーションコンサルティング会社・ループを設立。著書に「成功をつかむ3%の男がやっていること」(日本実業出版社)がある。

(OFFICE-SANGA 百田カンナ)

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。