乳首の色が濃いのは、若さのしるし!? 黒ずみのメカニズムを医師に聞いた

乳首の色が濃いのは、若さのしるし!? 黒ずみのメカニズムを医師に聞いた
“乳首の黒ずみ”といえば、多くの女性が抱える悩みのひとつ。ピンク色の乳首の人もいれば、茶色の人もいますよね。どうして人それぞれ違うのでしょうか? 美容皮膚科専門クリニック「銀座ケイスキンクリニック」医院長・慶田朋子先生に乳首の黒ずみについて伺いました!

乳首の黒ずみには○○が有効 看護師が教える“がっかりおっぱい”にならないためのケア方法

「乳首や外陰部は、もともと肌を黒くするメラニン活性が高いので、こすれたりするだけで黒ずんでしまう部位なんですよ。ただ、その程度は肌質によって人それぞれ。体質によって黒ずみやすさは異なるんですよ」

“黒ずみやすさ”が関係していたとは! 全然知らなかった。じゃあ、もしかして「乳首が黒いほど男性経験が豊富」という、古来からの言い伝えは……?

「まったく関係ないです。白人の方はメラニン活性が低いので、経験が豊富だろうがそうでなかろうが、ほとんどの白人は乳首はピンク色のはず。日本人でも、60代以上になればメラニンをつくる細胞の働きが弱まって、乳首の色は薄くなるんですよ。乳首の色が濃いのは、若い人の特徴とも言えます」

乳首の色が濃いのは、若さのしるし! ちょっとホッとしました(笑)。年齢を重ねると、逆にピンク色になっていくんですね。

慶田先生によれば、日本人のスキンタイプは以下の3つに分けられるとのこと。

●ジャパニーズスキンタイプ1:淡いピンク色の乳首
白人に近く、日焼けしても赤くなるだけで黒くならない人。...続きを読む

あわせて読みたい

マイナビウーマンの記事をもっと見る 2013年7月19日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。