名前があると知って驚くあの現象1位「携帯のバイブが鳴ったかも:ファントム・バイブレーション・シンドローム」

名前があると知って驚くあの現象1位「携帯のバイブが鳴ったかも:ファントム・バイブレーション・シンドローム」
居眠りをしている最中に体がビクッと痙攣したり、書店へ行ったらトイレへ行きたくなったりした経験はありませんか?

こういった多くの人が「あるある!」と思うような不思議な現象、実はちゃんと名前がつけられているのです。今回は読者638名に、名前があると知って驚いてしまった、よくある現象について聞きました。

Q.名前があると知って驚いた、よくある現象を教えてください(複数回答)
1位 携帯電話・スマホのバイブレーションが鳴ったと感じて確認したら、実際には鳴っていなかった「ファントム・バイブレーション・シンドローム」 44.4%
2位 立ちくらみの正式名称「眼前暗黒感」 34.2%
3位 居眠り中に体がビクッと痙攣する「ジャーキング」 33.9%
4位 書店に行くと便意をもよおしてしまう「青木まりこ現象」 30.4%
5位 テスト前で勉強しなければならないのに、部屋の掃除をしたくなる「獲得的セルフハンディキャッピング」 29.3%

■「ファントム・バイブレーション・シンドローム」
・「名前があるんだ! という驚きと、世界中の人が同じことやっているんだという安心感があった」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「かっこいい名前つけて……と思います。単なる錯覚なのに」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)
・「僕だけじゃなくて安心しました」(42歳男性/ソフトウェア/営業職)

■「眼前暗黒感」
・「立ちくらみの正式名称が怖すぎて驚きました」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

あわせて読みたい

マイナビウーマンの記事をもっと見る 2014年1月23日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。