うらやましい? 驚き? 意外すぎる江戸時代のマナー「通り名」「銭湯の混浴」

うらやましい? 驚き? 意外すぎる江戸時代のマナー「通り名」「銭湯の混浴」
江戸時代のマナーの基本は「他人を尊重する」に尽きます。1800年前後の江戸の街の人口は、なんと100~120万人程度もありました。同時期のロンドンが90万人程度、パリが60万人程度であることからも、江戸は世界でも最大級の都市だったことがわかります。

しかし、江戸市中といえば現代のJR山手線の内側にあたる、かなり狭いエリアくらいしかなく、しかもそのほぼ7割といわれる土地が、将軍様にお仕えする御家人・旗本の御屋敷や、日本全国に約400あった諸藩の御屋敷の類、さらには寺社のために独されていたのですね。

庶民たちは残り3割の土地で暮らすことになりますが、この非常に狭い土地で、多くの、しかも異なる個性の人々が暮らすことになった江戸では他人を尊重するマナー文化が育ちました。プライバシーのない長屋ぐらしに必要なのは、他人の目を気にしながら静かに暮らすというテクニックでしたし、フレンドリーに付き合う一方、他人の身の上を必要以上に詮索しないのも大事でした。江戸で暮らす者のマナーとして、名前や身の上を初対面の人に尋ねるのは失礼な行為だったのです。

江戸時代では庶民も武士も、本名以外に多くの通り名をもっていました。時代劇などに出てくる、武士が呼び合っている名前は基本的に諱(いみな)で、普段はクチにすることを家族でも遠慮しました。武家など支配階級の人々には基本的に公式文書のサインなどにしか使わない諱(いみな)という名前があったんですね。いわば実印に相当するような名前があったのです。

あわせて読みたい

マイナビウーマンの記事をもっと見る 2014年8月3日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。