お酒のキャッチコピーには傑作が多い!?10選「私、会社なんて酔わなきゃ行けません」

お酒のキャッチコピーには傑作が多い!?10選「私、会社なんて酔わなきゃ行けません」
NHKの連続テレビ小説『マッサン』のおかげなのか、若い世代でもお酒、特にウイスキーに注目する人が増えているそうです。そこで、今回はお酒のキャッチコピーを集めてみました。実は、お酒のキャッチコピーには名作・傑作が多いといわれているのです。

●「人生、おいしくなってきた。」
2007年:『サントリーオールド』のCMキャッチコピー
お父さん役に國村隼さん、娘さん役に伊藤歩さんを配したテレビCMは、「父の上京」編(2007年)、「父の誕生日」編(2008年)、「娘の相手」編(2009年)と続きました。

ちなみにこのCMで使われている「ダンダンディダ、ディダドゥダン……」という曲は、小林亜星さん作曲の『夜がくる』という曲です。

●「私、会社なんて酔わなきゃ行けません」
1989年:『サントリーリザーブ』のCMキャッチコピー
バブルの時代に登場した粋なCMでした。

気持ちは分かりますが、ぜひしらふで会社に行っていただきたいです(笑)。

●「うまいんだな、これがっ。」
1994年:『モルツ』のCMキャッチコピー
和久井映見さんのかわいらしいテレビCMで使われました。

つまみ食いをしたりするんですよね。

●「すこし愛して、ながく愛して。」
1980年:『サントリーレッド』のCMキャッチコピー
大原麗子さん主演、監督はなんと巨匠・市川崑さんという豪華なテレビCMでした。

このCMは今でも名作として知られています。

●「ビールがあれば晴れた日は、猫になりたい。」...続きを読む

あわせて読みたい

マイナビウーマンの記事をもっと見る 2014年12月17日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。