支払われるお金は「線香代」!? 舞妓さん=会いに行ける10代美少女アイドルだった時代

支払われるお金は「線香代」!? 舞妓さん=会いに行ける10代美少女アイドルだった時代
今でも10代後半くらいの特に若い世代の芸者さんを特別に「舞妓」といいますが、これは江戸時代の「踊子」が転じたものです。そして、江戸時代の踊子といえば、現代のローティーンのアイドル少女みたいな存在だったわけです。

吉原でもその年代の少女がお客を取ることは、倫理的な観点から禁止されていました。江戸時代も重度のロリコン趣味は性犯罪として見なされていたわけですね。
一方、現代もローティーンの少女アイドルにハマる日本人の男性が少なくないように、江戸時代の男性も、少女特有の「かわいさ」とか「愛嬌」を必要としていたのは、ある意味、同じなのです。ところが江戸時代、女性が舞台の上に立って、芸能活動することは風紀上の問題で幕府から禁止されていました。だから踊子のステージも、色街などのお座敷にならざるをえません。そして吉原など色街でも「かわいさ」とか、「愛嬌」だけで勝負せねばなかったのです。

一方、「かわいさ」だけでは勝負できない、「セクシーさ」が必須の吉原の遊女にとって、踊子はお客を布団の中に導く前の時間を盛り上げてくれる、いわば「前座」がわりの、よきビジネスパートナーだったわけですよ。このように吉原のお座敷も、さまざまなキャラやタイプの女の分業で華麗に成り立っていたわけです。

踊子は、身体を売る存在では(いちおう)ないので、遊女が客を取れるようになる14、5歳といった年齢になる前からも吉原で働き始められました。だから現代でいえば小学生低学年くらいの年齢の踊子も、吉原にはたくさんいたはず……。

あわせて読みたい

マイナビウーマンの記事をもっと見る 2015年4月25日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら