眼科医が解説! “ピクピク病”の正体とは?

眼科医が解説! “ピクピク病”の正体とは?
みなさんは、まぶたのピクピクが止まらないという経験はありませんか? なぜピクピクしているのか、放っておいていいものなのか、ピクピクの正体が気になるところ。そこで今回は、中目黒眼科で院長を務める杉本由佳先生に“ピクピク病”についてお話を伺いました。

■“ピクピク病”って何?
“ピクピク病”は、実は病気ではありません。正式には「眼瞼(がんけん)ミオキミア」と言い、まぶたの左右どちらかの筋肉の一部が間欠的にピクピクする状態のことを指します。このピクピクは、長くても1カ月以内に止まることがほとんど。まぶた以外にも、腕や足など体の一部が間欠的にピクピクする場合は、眼瞼ミオキミアと同じ状態である可能性が高いです。

よく「眼瞼けいれん」と勘違いする人が多いですが、これはまったく別物です。眼瞼けいれんは、目がギューッと閉じてしまい、手で開かないと動かなかったり、自分の意思に反して動いてしまったりする症状で、主にお年寄りがかかる病気です。40歳以下で眼瞼けいれんにかかる人は、向精神薬の副作用だったり、脳の病気である可能性があります。眼瞼けいれんの症状が出たら、きちんと病院で検査をしましょう。

■ピクピクの原因は?

まぶたがピクピクする原因は、主に眼精疲労とストレス。特に、度数が合っていないメガネやコンタクトをつけたり、パソコンやスマートフォンを使いすぎたりで、眼精疲労になり眼瞼ミオキミアになってしまう人が非常に多いです。そのほか、カフェインの摂りすぎが原因となることもあります。

あわせて読みたい

マイナビウーマンの記事をもっと見る 2016年11月28日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。