現実は甘くない。一人暮らしに必要なお金

現実は甘くない。一人暮らしに必要なお金
一人暮らしはしたいけれど、気になるのが一体どれくらいお金が必要なのかという点。いざ一人暮らしを始めるときに「こんなに出費があるなんて!」と焦る事態は避けたいですね。今回はファイナンシャルプランナーの川部紀子さんに、一人暮らしをはじめるにあたり必要な費用や、節約方法を伺いました。

■一人暮らしの部屋決めに必要な費用

まずは一人暮らしをする場合に必要なお金の種類(家賃、敷金・礼金、仲介手数料など)と、それぞれの全国平均を教えてもらいます。また、それらの金額を節約するポイントもまとめましたので、参考にしてみてください。

◇新居にかかる費用

契約時に不動産業者に払う、おおよそのお金は以下の通りです。

☆敷金   

家賃1カ月分:退去時に家賃滞納や修繕費を差し引いて返金

☆礼金  

家賃1カ月分:大家さんへのお礼

☆仲介手数料

家賃1カ月分+消費税:仲介業者への報酬

☆前家賃

家賃+管理費1カ月分:契約した翌月分の家賃

☆保証料

家賃半月~1カ月分:滞納などに備える保証会社への費用

☆鍵交換費用

1万5000円~3万円:防犯上の目的で、新しい鍵に換える費用

☆火災保険料

1万5000円~2万円:火事などの際、建物を補償するための保険料

☆消毒料

1万円~2万円:清掃に加えて消毒を希望する場合の費用

☆日割り家賃

入居日による:月の途中で入居した場合の日数分の家賃

以上をすべてがかかるものと仮定すると、入居前に不動産業者を通じて払う金額は、家賃の5~6カ月分となります。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。