感じ悪っ! デートを断る時に「送ってはいけないLINE」5つ

感じ悪っ! デートを断る時に「送ってはいけないLINE」5つ
拡大する(全1枚)

男性からデートに誘われたけれど、お断りしなければいけない場面もあるはず。もし次回につなげたいなら断り方も大切です。断り方によっては、もう誘われなくなってしまうかもしれません。

そこで今回は、デートを断った時に「送ってはいけないLINE」の例を見ていきましょう。

いい顔し過ぎてない? 八方美人度診断

感じ悪っ! デートを断る時に「送ってはいけないLINE」5つ...の画像はこちら >>

(1)スタンプだけ

文字で言いにくいことも、スタンプならなんとなく伝わる気もします。しかし、受け取った男性からすると、せっかくデートに誘ったのに、スタンプひとつで済まされてしまうのはあまりにも悲しいと感じてしまいます。

スタンプにプラスして「行けなくて残念です」「ごめんなさい。また今度」などコメントを送るといいですね。

(2)明らかな嘘

嘘も方便と言いますし、相手を傷つけないためのちょっとした嘘なら仕方ないかもしれません。

ただ、すぐにバレるような、明らかな嘘だと「もはや取り繕う気もないんだな」と幻滅してしまいます。

(3)男性が傷つく断り方

「無理です」、「なんで私があなたとデートしなきゃいけないの?」など、男性のプライドを傷つけるLINEはもってのほか。もし周りに広まったら、その男性だけでなく、他の男性からの評価もガタ落ちです。

お断りする場合も相手を傷つけるLINEは避けましょう。

(4)謝りすぎる

一言「ごめんなさい、その日は難しくて」くらいならいいのですが、あまりに何度も謝られると、悲しくなってしまいます。男性の心も複雑なのです。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク