感動・感激・ワクワクを。深川エリアがアートの街に大変身!

感動・感激・ワクワクを。深川エリアがアートの街に大変身!
拡大する(全4枚)

10月22日~31日まで開催の「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭2021」。開催初日の本日、会場のひとつでもある清澄公園の大正記念館にて、開会式と授賞式が行われ、マイナビウーマン編集部が参加してきました。

感動・感激・ワクワクを。深川エリアがアートの街に大変身!の画像はこちら >>

「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭2021」は、門前仲町・清澄白河・森下の深川エリアの街全体を使い、障がいのあるアーティストの作品を展示する市民芸術祭です。

昨年の開催時には、9日間で7万5千人を動員し、今年も話題のイベントとなっています。

深川の地から世界につなぐ芸術祭へ

開会式にて、本イベントの代表理事である北條裕子さんは「このコロナ禍で、スタッフ一同、今日を迎えられるのか不安だった」と語った上で、「感動と感激とワクワクを感じていただける芸術祭。ぜひ作品に触れてもらうとともに、皆さんに芸術祭を盛り上げていただき、深川の地から“世界”につながる芸術祭になるように応援してほしい」と、これから来場される方々に向けて話されました。

感動・感激・ワクワクを。深川エリアがアートの街に大変身!

また開会式には、イベントのスペシャルアドバイザーであるコシノジュンコさんが登壇。コロナ禍でもこのような芸術祭が開催されることに対しての喜びの言葉を述べ、開会式に花を添えました。

103点の入選作品から選ばれた受賞作品たち

続く授賞式では、今回の芸術祭に合わせて開催された「第2回アートパラ深川大賞」の応募作品の中から選ばれた受賞作品34点が発表されました。

感動・感激・ワクワクを。深川エリアがアートの街に大変身!

「アートパラ深川大賞」は「社会生活においてなんらかのハンディキャップのある人」を応募資格とし、年齢制限なしで、自由な作品を応募いただけるコンペティションです。


この記事の画像

「感動・感激・ワクワクを。深川エリアがアートの街に大変身!」の画像1 「感動・感激・ワクワクを。深川エリアがアートの街に大変身!」の画像2 「感動・感激・ワクワクを。深川エリアがアートの街に大変身!」の画像3 「感動・感激・ワクワクを。深川エリアがアートの街に大変身!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク