Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう

App StoreやiCloudなどのAppleのサービスを利用するのに必要不可欠な「Apple ID」。

Apple IDには「請求先」と「配送先」の2種類の住所がありますが、引っ越した場合は両方とも住所を変更する必要になります。

実際に住所とApple IDの登録住所が異なっていると、思わぬトラブルの元にもなりかねないので、引っ越したら忘れずに変更しましょう。

今回は、Apple IDの住所を登録・変更する方法や、変更できない時の対処方法について解説していきます!




【Apple ID】住所の登録・設定方法をおさらい



まずは、Apple IDの住所を登録・設定する方法や注意点を改めておさらいしておきましょう!

住所には「請求先」と「配送先」の2種類ある



Apple IDには、「請求先住所」と「配送先住所」の2種類の住所があります。


「請求先住所」というのは、App StoreやiTunes StoreなどAppleのサービスで何かを購入する時に必要となる住所のことです。

こちらの住所はApple IDを作成する時に必ず設定しなければならないものです。

「配送先住所」というのは、Apple Storeで購入した商品の届け先となる住所のことです。

こちらの住所はApple Storeを利用する場合は登録が必要ですが、利用しないのであれば登録は必要ありません。

設定手順(iPhone・iPad)



iPhone・iPadで住所を設定する時の操作手順は以下の通りです。

この記事の画像

「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像1 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像2 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像3 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像4
「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像5 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像6 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像7 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像8
「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像9 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像10 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像11 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像12
「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像13 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像14 「Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう」の画像15
編集部おすすめ

当時の記事を読む

APPTOPIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク