品のある色気を叶えるなら“あの秋カラー”で。オンナっぷりを上げる艶アイメイクの簡単HOW TO

落ち着いた色味のコーデをすることの多い秋は、メイクとの相乗効果で上品に色気を演出したいところ。そこで手軽に秋らしい色気をプラスオンできるのがアイメイクです。そのポイントは秋の定番カラー「カーキ」の使い方にアリ。早速STEPをチェックしてみましょう。なお、用意するコスメはこちらです。


A:パール入り ベージュカラーのシャドウ、B:パール入り カーキカラーのシャドウ、C:パール入り レモンカラーアイボリーのシャドウ、D:カーキカラーのペンシルアイライナー、E:ブラックのペンシルアイライナー、ビューラー、マスカラ


手持ちのコスメでOKですし、手持ちにない場合はプチプラコスメを用意してください。



(1)Aをまぶたに広く塗る

品のある色気を叶えるなら“あの秋カラー”で。オンナっぷりを上げる艶アイメイクの簡単HOW TO


目を開けたとき二重ラインの上に3mmほど見えればOKです。一重の方は目を開けたとき5mmほど見えるように塗りましょう。



(2)Aを下まぶたにのせる

品のある色気を叶えるなら“あの秋カラー”で。オンナっぷりを上げる艶アイメイクの簡単HOW TO


約3mmの厚さで、下まぶたの目頭側半分にだけのせます。色があまり濃くならないように、ブラシの先でほこりをはらうようにタッチするのがポイント。



(3)Bを目尻側に広くのせる

品のある色気を叶えるなら“あの秋カラー”で。オンナっぷりを上げる艶アイメイクの簡単HOW TO


二重ライン3mm上(一重の方は目を開けたとき5mm上)の厚さで、目尻側から中央に向かってのせます。



(4)Bを下まぶたの目尻側にのせる

品のある色気を叶えるなら“あの秋カラー”で。オンナっぷりを上げる艶アイメイクの簡単HOW TO


(2)でのせたAと色が自然につながるように目尻側から目頭の方向にのせます。



(5) Cを眉骨にのせる

品のある色気を叶えるなら“あの秋カラー”で。オンナっぷりを上げる艶アイメイクの簡単HOW TO


眉下のラインから(1)でのせたシャドウとの境目をぼかすように眉骨にのせます。ブラシを左右に軽く動かし一度だけはらうイメージです。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Beauty News Tokyoの記事をもっと見る 2018年9月19日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「プチプラ」のニュース

次に読みたい関連記事「プチプラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヘアケア」のニュース

次に読みたい関連記事「ヘアケア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「美容」のニュース

次に読みたい関連記事「美容」のニュースをもっと見る

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。