ラクちん痩せの鍵は“正しく寝ること”。話題の【睡眠ダイエット】効果を高めるポイント3つ

寝不足が続くと自然と体は塩気の多いものや甘いものを欲してしまうことから、睡眠不足はダイエットに大きく影響を与えます。でも、単に睡眠時間を長く取れば良いというものではなく、やはり睡眠の質を上げることが大切。そこで今回はダイエット効果の高い睡眠を取るための3つのポイントをチェックしてみましょう。



ポイント(1)就寝前に軽い運動をする


運動をすることで新陳代謝が活発になる効果がありますが、寝る前に軽く運動してから入眠することで睡眠中も新陳代謝の高い状態をキープでき、カロリー消費が促されるという理論になります。


ラクちん痩せの鍵は“正しく寝ること”。話題の【睡眠ダイエット】効果を高めるポイント3つ


ただし、激しい運動をすると交感神経が優位になって入眠しづらくなってしまうので、あくまでも軽い運動に留めておくことがポイント。ストレッチヨガなど副交感神経を優位にするリラックス効果のある運動が特にオススメです。



ポイント(2)睡眠時間は“8時間以上”が理想


睡眠不足に陥いると食生活が乱れたり過食に走ってしまうのは、食欲を抑えるホルモンが減って満腹感を感じずらくなってしまうことが原因の1つとされています。


ラクちん痩せの鍵は“正しく寝ること”。話題の【睡眠ダイエット】効果を高めるポイント3つ


この食欲を抑えるホルモンは、1日に最低7時間の睡眠をとることで減少を防ぐことができるそう。実際、忙しい毎日では睡眠時間を確保するのも難しいところがありますが、ダイエットのためにも睡眠時間8時間を目指したいところです。



ポイント(3):暗い部屋×鼻呼吸×仰向けで寝る


電気をつけたままの明るい部屋で寝ている女性の肥満率は、暗い部屋で寝ている女性と比べて20%も高いという研究結果が話題になりましたが、この原因は明るい光が「睡眠ホルモン」と言われるメラトニンの生成を抑えてしまい睡眠の質を下げてしまうからとされています。もちろん、寝る前にスマートホンのブルーライトを浴びるのもNGです。


あわせて読みたい

Beauty News Tokyoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。