ダイエット成功で48kg→44kgに。アラフォー女優の【役作りダイエット】の極意
拡大する(全1枚)

どんなに頑張っても「目標通り体重が落ちていかない…」とお悩みの方は少なくないと思います。そこでダイエットのヒントを得るためにもチェックしておきたいのが、誰もが羨むプロポーションを維持しているアラフォー女優カン・イェウォンが役作りのために実践したダイエット法です。

公称で身長165cmで体重48kgとダイエット不要と思える体型の彼女ですが、役作り(病気を抱えた役)のために44kgまで痩せたことで大きな話題となりました。あくまで女優の役作りのための減量なので、リアルなわたしたちが真似する必要はありませんが、彼女がどんなダイエットを行ったのかは気になります。

1日1食にすべてのストレスを込める

ダイエット中は1日1食にしていたというカン・イェウォン。その貴重な1食は夕食にしているようで、その1食に「すべてのストレスを込めていた」「すごく食べていた」と振り返っています。たしかに1日1食にすれば1日の総摂取カロリーは減りますが、かなり覚悟がいるのと体には決して良くはないはず…。現実的には1日3食のうち1食を酵素ドリンクなどに置き換えることくらいしかできませんが、これだけの根性がないと痩せている状態からさらに痩せることはできないのかもしれません。ちなみに、ダイエット後にバラエティ番組で1日3食をきちんと食べることになった彼女は4kg太ってしまったそうです。

運動を“ずっと”続ける

食事制限と運動はダイエットの基本ですが、彼女も同様にダイエット時における運動の大切さを実感。さらに「運動をずっと続けることが大切」とも語っています。実際、彼女のインスタグラムを見るとピラティスに意欲的に取り組んでいる様子も。そのポーズとあらわになったボディラインの美しさにうっとりしてしまいます。簡単そうにやっていますが、かなりの鍛錬を積んでいること間違いなしです。

カン・イェウォンのストイックな役作りのためのダイエット自体は到底真似できる(真似していい)内容ではありませんが、1日のうち1食の摂取カロリーを抑えること、継続して運動することはダイエットのヒントとなるはずです。ぜひ参考に、自分に合ったアプローチ法を見つけて、着実に目標へと近づいていきましょうね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>