内田理央、来世ちゃん2は“私にとっての代表作”「“ほっこりエロラブコメディ”と言いますか…」
拡大する(全7枚)
内田理央

いつまちゃんによる人気コミックを実写ドラマ化したドラマParavi『来世ではちゃんとします2』で、5人のセフレがいる性依存系女子の桃ちゃんを演じている内田理央さん。前作『来世ではちゃんとします』が大好評を受けて続編が叶い、内田さんも「本当にうれしいです!」と大感激。最終回に向けてますます目が離せない本作の見どころはもちろん、内田さんにとって人生のバイブルとなっている漫画までたっぷりと語ってもらった。

内田理央、来世ちゃん2は“私にとっての代表作”「“ほっこりエ...の画像はこちら >>
©「来世ではちゃんとします2」製作委員会

本作は、CG制作会社「スタジオデルタ」を舞台とした赤裸々ラブエロコメディ。「スタジオデルタ」で働く社員たちは、性依存系女子、BLオタク、魔性のタラシ、処女厨、風俗ガチ恋など、全員が恋愛と性をこじらせている男女ばかり。個性豊かな彼らが性をこじらせ、生き方をこじらせ、それでも毎日をしぶとく生きていく姿をコミカルかつほっこりとした温かなテイストで描く。

SPECIAL INTERVIEW

女性の共感を集めた『来世ちゃん』。反響に大喜び!

——前作の反響も含め、続編の制作が決定したときのお気持ちを教えてください。

前作を作っているころからずっと、みんなで『続編、待望!』と言っていたので、本当にそれが叶ってものすごくうれしかったです。前作では、チーム一丸となって『女性が共感してくれるようなドラマになればいいな』と思って制作していました。

『ちゃんと伝わるかな、どうやって伝わるかな』とドキドキしていましたが、Paraviの配信で『来世ちゃん』の視聴者さんの年齢層がほぼ20代、30代の女性だと聞いて、『伝わったんだ!』とうれしい気持ちになりました。Netflixで配信が始まったときには、『来世ちゃん』が国内ランキングの4位まで上がって、私の大好きな『呪術廻戦』と『進撃の巨人』に挟まれて表示されている時期もありました(笑)。そのように、感激することがたくさんありました。


この記事の画像

「内田理央、来世ちゃん2は“私にとっての代表作”「“ほっこりエロラブコメディ”と言いますか…」」の画像1 「内田理央、来世ちゃん2は“私にとっての代表作”「“ほっこりエロラブコメディ”と言いますか…」」の画像2 「内田理央、来世ちゃん2は“私にとっての代表作”「“ほっこりエロラブコメディ”と言いますか…」」の画像3 「内田理央、来世ちゃん2は“私にとっての代表作”「“ほっこりエロラブコメディ”と言いますか…」」の画像4
「内田理央、来世ちゃん2は“私にとっての代表作”「“ほっこりエロラブコメディ”と言いますか…」」の画像5 「内田理央、来世ちゃん2は“私にとっての代表作”「“ほっこりエロラブコメディ”と言いますか…」」の画像6 「内田理央、来世ちゃん2は“私にとっての代表作”「“ほっこりエロラブコメディ”と言いますか…」」の画像7