走幅跳の橋岡選手が“美腹筋”を披露!スケボー堀米選手のプライベートショットも
拡大する(全1枚)
CanCam

陸上競技 走幅跳の橋岡優輝と、スケートボードの堀米雄斗が登場する『CanCam』2月号が、現在発売中。

2021年「CanCam BUZZ Award」

走幅跳の橋岡選手が“美腹筋”を披露!スケボー堀米選手のプライ...の画像はこちら >>

今号では、読者3,000人分のアンケートをもとに、今年バズッた人やモノを表彰する「CanCam BUZZ Award」を開催。

多彩なラインナップが並ぶなか、2021年を象徴する「東京五輪 アスリート部門」には、37年ぶりに日本人6位入賞を果たした走幅跳の橋岡と、新種目で金メダル第1号に輝いたスケートボードの堀米が選出された。

鍛え上げた美腹筋を披露♡

橋岡は、2019年世界陸上で日本人史上初の8位入賞、東京五輪では37年ぶりに日本人6位入賞と、日本人新記録を続々更新。そのうえ、俳優顔負けの整ったルックスの持ち主である。

読者からも「運動能力と顔面力、天は二物を与えるんだと思った」「え、オリンピック選手の中に俳優さんがいるんだと思った」「彫刻のような筋肉がすごい!」と、絶賛の嵐。

そんな読者の期待に応え、眩しいほど爽やかな笑顔や、鍛え上げられた美しい腹筋など、バラエティ豊かなカットを披露。橋岡の“素材”のよさが際立つ、モノトーンのスタイリッシュなコーディネートも必見ポイント。

同誌公式YouTubeチャンネルでは、撮影のバックステージや、素顔に迫る10問10答をおさめたスペシャル動画も公開中。

プライベートショットを独占公開

堀米は「大会を楽しみながらトリックを決める姿に、スポーツマンシップの本質を感じた」との声が多く寄せられたほか、紫綬褒章も受章。リモート取材で、東京五輪の感想はもちろん、現在居住しているLAでの“スケボー漬け”の生活も紹介している。