ついに明かされる白夜“浜辺美波”の正体《ドクターホワイト 最終話あらすじ》
拡大する(全1枚)
ドクターホワイト、最終話

女優の浜辺美波、瀧本美織、俳優の柄本佑らが出演する『ドクターホワイト』の最終話が、2022年3月21日(月)夜10時~放送される。

ついに明かされる白夜“浜辺美波”の正体《ドクターホワイト 最...の画像はこちら >>
『ドクターホワイト』最終話場面写真

“総合診断協議チーム”通称CDT。患者の症状から正しい病名を協議の上で判別する、いわば“診断専門チーム”。精鋭を集めるはずがその実態は、個性的でクセ強めな”はみ出し者”たち!?白夜(浜辺美波)は、そんな風変わりな医師たちと共に、難しい症状でも病名を確定させて患者の命を救っていく。謎だらけの女性と“クセ者医師たち”が織りなす、クスっと笑える会話劇&痛快でスカッとする一話完結の医療ミステリードラマ。

『ドクターホワイト』最終話

警察の包囲網をかいくぐり手術室にたどり着いた勇気(毎熊克哉)に、晴汝(岡崎紗絵)の命を託した将貴(柄本佑)は、白夜(浜辺美波)と勇気の身に起きた一連の騒動に決着をつけるため、海江田(石橋凌)と対峙(たいじ)することを決める。

真相を解く最大のカギは、白夜と同じ“Rh null(希少血液)”の保有者で、難病を患っている海江田の娘・沢木朝絵。晴汝やCDTのためにも、自分の正体を知りたいと願う白夜を連れ、将貴はある作戦に打って出て…。

ある日突然、白衣一枚をまとって将貴の前に現れ、天才的な診断能力で医師たちの誤診を次々と正してきた白夜。彼女はなぜこの世に生をうけ、なぜ医療の知識しか持っていなかったのか――、その理由がついに明らかに!