【世界のお城】ドイツ西部、モーゼル川沿いの山奥にひっそりと佇む中世の古城「アラス城」

ドイツ西部を流れるモーゼル川。流域の小さな町アルフの山中には、ライン川中流・モーゼル川流域で最古の城塞といわれているアラス城がひっそりとそびえています。

【世界のお城】ドイツ西部、モーゼル川沿いの山奥にひっそりと佇む中世の古城「アラス城」


古城が各地にちらばるドイツにおいても、アラス城は知る人ぞ知る美しい城。アクセスは容易ではありませんが、それゆえ訪れる者にはこの上ない特別感を感じさせてくれる場所でもあります。

【世界のお城】ドイツ西部、モーゼル川沿いの山奥にひっそりと佇む中世の古城「アラス城」


アラス城が建設されたのは950年。ノルマン人の侵入からモーゼル川流域の地域を守るべく、当時のプファルツ伯が山の上に城塞を築いたことでこの城の歴史が始まります。その後、城は最盛期を迎える中世にかけて拡張され、所有者もプファルツ伯からトリーア大司教へと変わっていきました。

【世界のお城】ドイツ西部、モーゼル川沿いの山奥にひっそりと佇む中世の古城「アラス城」


最盛期には神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世の助言役として帝国議会の決定に影響を及ぼすなど、城の権力は強大なものへ。城自体も巨大化され、リビング8ヵ所のほか寝室が14室もあったのだそう。計1000リットルのワインや野菜、穀物を貯蔵できた地下室もあったと伝えられています。チャペルではトリーア大司教が祀られ、騎士の間では重要な決定事項に関する協議などが行われました。

強大な権力を築いたアラス城ですが、1688年に勃発したプファルツ継承戦争でフランス軍により破壊されてしまいます。爆破を逃れたのは中心部のみでした。戦争が終わってからは城に住む者もいなくなり、この場所が石切り場として利用された事が荒廃にさらに拍車をかけました。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2018年11月26日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。