スペインの情熱的な歌と踊り・フラメンコを鑑賞できるマドリード旧市街のタブラオ「カフェ・デ・チニータス」

スペインの情熱的な歌と踊り・フラメンコを鑑賞できるマドリード旧市街のタブラオ「カフェ・デ・チニータス」


2010年にユネスコの無形文化遺産に登録されたスペインの情熱的な歌と踊り、フラメンコ。

その起源は正確にはわかっていませんが、スペイン南部アンダルシアで生まれ、さまざまな民族から影響を受けながら200年以上に渡り進化を続けてきたそうです。

フラメンコというと踊りのイメージが強いですが、実際には踊りだけではなく、歌(カンテ)、踊り(バイレ)、ギターの伴奏が一体となった舞台芸能をフラメンコと言います。

スペインの情熱的な歌と踊り・フラメンコを鑑賞できるマドリード旧市街のタブラオ「カフェ・デ・チニータス」


マドリードはフラメンコ発祥の地ではありませんが、スペインの首都だけあって、「タブラオ」と呼ばれるフラメンコ専用のライブハウスがいくつもあります。

今回は「コラール・デ・ラ・モリア」「トレース・ベルメハス」などと並ぶマドリードの人気のタブラオ、「カフェ・デ・チニータス(CAFÉ DE CHINITAS)」を紹介しましょう。

スペインの情熱的な歌と踊り・フラメンコを鑑賞できるマドリード旧市街のタブラオ「カフェ・デ・チニータス」


カフェ・デ・チニータスはマドリードの旧市街、スペイン広場や上院議会の近くにある、17世紀の邸宅を改装したタブラオです。

スペイン国王フアン・カルロス1世をはじめ、3人の国王もショーを楽しんだというこのタブラオは、歌と踊りには定評があり、世界中からたくさんの人々がショーを観に訪れます。

なお、マドリードの郷土料理コシードで有名な老舗レストラン「ラ・ボラ(LA BOLA)」は目と鼻の先です。

スペインの情熱的な歌と踊り・フラメンコを鑑賞できるマドリード旧市街のタブラオ「カフェ・デ・チニータス」


スペインの情熱的な歌と踊り・フラメンコを鑑賞できるマドリード旧市街のタブラオ「カフェ・デ・チニータス」


タブラオ内にはさまざまな絵画や写真が展示されていました。

スペインの情熱的な歌と踊り・フラメンコを鑑賞できるマドリード旧市街のタブラオ「カフェ・デ・チニータス」


スペインの情熱的な歌と踊り・フラメンコを鑑賞できるマドリード旧市街のタブラオ「カフェ・デ・チニータス」


階段を上がると、レストランのテーブル席が並んでおり、その奥がフラメンコの舞台です。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年1月7日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。