ベトナムで最もフォトジェニック、世界遺産の街・ホイアン散歩

ベトナムで最もフォトジェニックな街、それがホイアン。ホイアンはベトナム中部に位置する古都で、西洋と東洋が融合したノスタルジックな旧市街がまるごと世界遺産に登録されています。

ベトナムで最もフォトジェニック、世界遺産の街・ホイアン散歩


成田空港や関西空港から直行便が出ており、最旬リゾートとして注目を浴びるベトナム中部の玄関口、ダナンからわずか30キロメートルと近く、ダナンからの小旅行にもぴったり。古き良きベトナムの情緒が味わえるホイアンで、時間旅行を楽しみましょう。

ベトナムで最もフォトジェニック、世界遺産の街・ホイアン散歩


タイムスリップしたような古い街並みが残るホイアンは、トゥボン川が南シナに流れ出る三角州に築かれた港町。かつてベトナム中部沿海地方を支配したチャンパ王国の時代に、中国やインド、中東と結ぶ貿易の中継地として栄え、15~19世紀にかけてはアジアとヨーロッパの交易の中心として繁栄を極めました。

ベトナムで最もフォトジェニック、世界遺産の街・ホイアン散歩


日本とも縁が深く、16~17世紀にはタイのアユタヤにも並ぶ日本人町が造られ、最盛期には1000人以上の日本人が住んでいたといいます。

ベトナムで最もフォトジェニック、世界遺産の街・ホイアン散歩


そんなホイアンのシンボル的存在が、「日本橋」の異名をもつ「来遠橋(らいおんばし)」。1593年に建設された屋根付き橋で、ベトナムの2万ドン札にもデザインされているほど有名な存在です。「日本橋」の別名の由来は、当時ホイアンに住んでいた日本人によって造られたといわれているから。

ベトナムで最もフォトジェニック、世界遺産の街・ホイアン散歩


橋の入口には、どこかユーモラスな犬と猿の像が鎮座。「犬猿の仲」といわれるだけに、なぜこの組み合わせなのか不思議に思うところですが、この橋が申年に着工され、戌年に竣工したからだとされています。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年3月14日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。