ロンドン最大の合法グラフィティ・トンネル「Leake Street」

覆面アーティスト「バンクシー(Banksy)」の作品をはじめとするストリート・アートの宝庫であるロンドン。落書きは器物破損の罪に問われる一方で、アートに寛容な街らしく、グラフィティが建物の所有者によって認められている場所や、公共の場所で公式に容認されている壁が存在します。

今回は、公的にグラフィティが容認されているロンドン最大のグラフィティ・トンネル「リーク・ストリート(Leake Street)」をご紹介します。

ロンドン最大の合法グラフィティ・トンネル「Leake Street」


リーク・ストリートが位置するのは、ロンドンのランドマークである巨大観覧車「ロンドン・アイ(London Eye)」やテムズ川からほど近い、テムズ川南岸のターミナル駅「ウォータールー(Waterloo)」駅の高架下。

ロンドン最大の合法グラフィティ・トンネル「Leake Street」


ウォータールーが国際列車「ユーロースター」のターミナル駅であった頃、国際列車の利用客用のタクシーの連絡通路であったこのトンネル。2007年にユーロスターのターミナル駅が「セント・パンクラス・インターナショナル(St Pancras International)」へ移行したことから、利用されなくなったこのトンネルに目をつけたのが、今や世界的に有名なバンクシーでした。

ロンドン最大の合法グラフィティ・トンネル「Leake Street」


バンクシーは2008年に世界中のストリート・アーティストを集めたエキシビジョン「ザ・カンズ・フェスティバル(The Cans Festival)」をリーク・ストリートで開催します。これをきっかけに注目されるようになった同地は「バンクシー・トンネル」「グラフィティ・トンネル」とも呼ばれるようになります。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年3月30日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。