【世界の街角】イスタンブールのアジア側・ユスキュダルで、歴史と庶民の暮らしを感じる街歩き

トルコ最大の都市イスタンブールは、西洋と東洋の架け橋。ボスポラス海峡を挟んで、ひとつの都市が、ヨーロッパ大陸とアジア大陸とにまたがっているのです。

市内を行き来するだけで、大陸間を横断していることになるなんて、ロマンティックでダイナミックだと思いませんか?

【世界の街角】イスタンブールのアジア側・ユスキュダルで、歴史と庶民の暮らしを感じる街歩き


イスタンブール観光のメインは、ブルーモスク(スルタンアフメット・ジャーミィ)やアヤソフィア、トプカプ宮殿などのあるヨーロッパ側。しかし、せっかくイスタンブールを訪れるなら、アジア側にも足を運んで、この都市のダイナミズムを感じてみたいものです。

観光地としてはややマイナーなアジア側にも、旅行者が訪れやすい街がいくつかあります。そのひとつが、アジア側の中心ユスキュダル。古代ギリシアの植民都市クリソポリスが起源とされる長い歴史をもつ街で、いつもイスタンブール庶民の活気に満ちています。

【世界の街角】イスタンブールのアジア側・ユスキュダルで、歴史と庶民の暮らしを感じる街歩き


ヨーロッパ側からのアクセスは、エミノニュ、カラキョイなどから船で。スィルケジやイェニカプからは、2013年に開通したマルマライ(TCDD国鉄近列車)も利用できます。

晴れた日には、散策をしたり、景色を楽しんだりする人々が集まるユスキュダルの港。イスタンブールらしい活気はあるものの、ヨーロッパ側に比べると、どこかリラックスした庶民的な雰囲気があります。

【世界の街角】イスタンブールのアジア側・ユスキュダルで、歴史と庶民の暮らしを感じる街歩き


ユスキュダルのランドマークが、港からほど近い「ミフリマー・スルタン・ジャーミィ」。オスマン帝国最盛期に君臨したスレイマン1世の娘、ミフリマーのために建てられたモスクで、オスマン帝国最高の建築家ミマール・スィナンが設計を手がけています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 観光 東京
GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年7月29日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら