壮大な天井画に感動!ドイツアルプスの麓にある白亜のエッタール修道院

壮大な天井画に感動!ドイツアルプスの麓にある白亜のエッタール修道院
       
ドイツで最も有名な観光街道であるロマンチック街道。その終点後であるフュッセンは「ノイシュヴァンシュタイン城への玄関口」として有名ですが、近郊地域にもヴィース教会やリンダ―ホーフ城、テーゲルベルク山といった見どころが沢山あります。

特に世界遺産に登録されているヴィース教会は内部の装飾が素晴らしく、年間を通じて100万人もの訪問者を魅了。ドイツ旅行で一度は訪れてみたいスポットのひとつです。

今回紹介するのは、そんなヴィース教会にも負けないほどの美しさを誇るエッタール修道院。太陽の光を受けて白亜に輝く修道院内では、まるで本物の空がそこにあるかのような壮大な天井画が目にする者の感動を呼び起こします。

エッタール修道院があるのは、童話などの壁画で有名なオーバーアマガウのすぐ近くにあるのどかな村。ヴィース教会からバスを利用する場合は所要時間1時間ほど(車なら30分)、フュッセンからは最短で1時間45分がめやすです。

修道院の設立は1330年。神聖ローマ皇帝だったルートヴィヒ4世により建設され、17~18世紀にかけては巡礼地として人気を博しました。

壮大な天井画に感動!ドイツアルプスの麓にある白亜のエッタ...の画像はこちら >>


到着すると、堂々としたいで立ちの真っ白なバジリカが目に飛び込んできます。それでは早速中に入ってみましょう。

壮大な天井画に感動!ドイツアルプスの麓にある白亜のエッタール修道院


バジリカの内部は円形になっていて、前方の壁に6つの副祭壇、正面奥に主祭壇が置かれています。中に木がある光景はちょっと珍しいですね。

壮大な天井画に感動!ドイツアルプスの麓にある白亜のエッタール修道院


奥まった場所にある主祭壇に安置されているのは、修道院を設立した皇帝ルートヴィヒがイタリアから持ち帰ったマリア像。その上には「マリア昇天」をテーマにした巨大な絵があり、壁や天井は繊細な彫刻やフレスコ画で飾られています。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月20日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。