バロック様式が美しい!ムスタファ3世によるイスタンブール旧市街のモスク「ラーレリ・ジャーミィ」

バロック様式が美しい!ムスタファ3世によるイスタンブール旧市街のモスク「ラーレリ・ジャーミィ」
       
オスマン帝国時代、帝都として栄華を極めたトルコ最大の都市、イスタンブール。大陸がボスポラス海峡によってアジアとヨーロッパに二分され、ヨーロッパ側はさらに金角湾によって新市街と旧市街に分けられる類稀な地形を持つこの街には、エリアごとにまったく違う魅力が隠されています。

イスタンブールの街並みを特徴づけるモスクの数々はオスマン帝国時代に建てられ、その多くが旧市街にあります。その中でもバロック様式の建築が特に美しい、ラーレリ・ジャーミィの魅力をご紹介しましょう。

バロック様式が美しい!ムスタファ3世によるイスタンブール旧...の画像はこちら >>


ラーレリ・ジャーミィは旧市街のファーティフ地区のラーレリにあります。坂道になっているオルドゥ通りの途中にあり、トラムT1線のラーレリ駅とアクサライ駅の間に位置します。旧市街の雑踏に紛れて凛と建つその姿には、誰もが一度は目を留めるでしょう。

バロック様式が美しい!ムスタファ3世によるイスタンブール旧市街のモスク「ラーレリ・ジャーミィ」


このモスクは、18世紀にオスマン帝国第26代目のスルタンとして君臨していたムスタファ3世の命により建設されました。当時の帝国の軍事制度や国家体制が西欧諸国に比べて遅れをとっていると気づいていたムスタファ3世は、帝国の近代化を進めていくと同時に、コンスタンティノープルを攻略したメフメト2世が建てたファーティフ・ジャーミィを修繕したり、イェニカプ周辺の海岸沿いに新しい地区を造ったりと帝国内の建築や土地開拓にも熱心でした。

ラーレリ・ジャーミィは、ムスタファ3世が当時流行していた西欧のバロック様式を従来のオスマン建築に取り入れて造らせたもので、イスラム寺院に西洋の要素を感じ取ることができる美しい仕上がりになっています。

当時の記事を読む

GOTRIP!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月11日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。