オスマン帝国ハレム支配の頂点を極めたトゥルハンが眠るイスタンブールの霊廟「トゥルハン・ハティジェ・スルタンの霊廟」

オスマン帝国ハレム支配の頂点を極めたトゥルハンが眠るイスタンブールの霊廟「トゥルハン・ハティジェ・スルタンの霊廟」
       
オスマン帝国時代、スルタン(オスマン帝国の皇帝)と同等の権力を与えられて国政に携わっていたトゥルハンという女性をご存知でしょうか。

オスマン帝国第19代スルタン、メフメト4世の母トゥルハンは、政治の面でも建築の面でも権力を発揮し、ハレムでの女人統治の頂点を極めた母皇后として知られています。

しかし、トゥルハンは最初からオスマン帝国のハレムで権力を持っていたわけではなく、権力を持つまでの彼女の人生はむしろ波乱万丈なものだったのです。

トゥルハンが眠る美しい霊廟をご紹介する前に、彼女がハレム支配の頂点を極めるまでに送った波乱な人生をご紹介しましょう。

オスマン帝国ハレム支配の頂点を極めたトゥルハンが眠るイス...の画像はこちら >>


トゥルハンは1627年に現在のウクライナで生まれました。ウクライナの王子の娘として生まれたものの、12歳のときに兄弟とともにタタールに連れ去られ、奴隷としてクリミア・ハン国からオスマン宮廷に献上されたのです。彼女を奴隷として引き受けたのは、オスマン帝国第18代スルタン、イブラヒムの母であるキョセム妃でした。

キョセム妃は当時ハレムで権力を握っていた母皇后です。キョセム妃は、自分の息子イブラヒムの血をのちのスルタンに継がせるべく、奴隷トゥルハンをイブラヒムに娶らせ、トゥルハンにメフメトを産ませました。これがのちのメフメト4世です。

イブラヒムが失脚すると、メフメト4世がスルタンの位に就きました。ついにトゥルハンが母皇后としてハレムで権力を握る日がきたかのように思われましたが、キョセムは自らの権力を振るうことをやめようとはしませんでした。ここにキョセムとトゥルハンの権力闘争が始まります。
GOTRIP!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月14日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。